お役立ち情報のヘッダー画像

お役立ち情報

小動物の基礎知識

熱帯魚の基礎知識

水槽の水と酸素について

水草について

水草は、熱帯魚の美しさを引き立てるためだけでなく、放出した炭酸ガスを酸素に換えたり、フードの食べ残しやフンを栄養分として吸収し、水を清潔に保つ重要な働きがあります。さらに、魚の隠れ場所や産卵場所にもなります。しかし魚種によっては、水草を食べてしまう魚もいます。

ろ過器(フィルター)の働き

ろ過器は、魚のフンや食べ残したフードなどのゴミを取り除き、バクテリアの働きで有害な物質を分解して魚が住み良い水質を保ちます。また、上部フィルターや投げ込み式フィルターは水中への酸素の補給も同時に行っています。

水槽のセット

水槽はかなり重いので、水槽・砂をよく洗ってから、しっかりした土台にセットします。そして、水槽の底に砂を敷き、ヒーターやサーモスタット、水温計などをセットし、くみ置き、もしくはハイポを入れた水を入れてから水草を植え込みます。また、水槽や砂を洗う際に、石鹸類は使わないようにして下さい。

水槽のセット例

image image
水草をたくさん植える時は、外部フィルターにするとよい。光量が足りない時蛍光灯をもう1灯増設出来る。 水草を食べてしまう魚や、根を掘り返してしまう魚の時は、石や流木を使ったレイアウトにするとよい。

水槽飼育に必要な器具のいろいろ

image image
image
image image
image image

水中酸素量について

魚は、水中に溶けている酸素を取り込み、炭酸ガスを放出して生きています。水中の酸素量は水温によっても変化し、水温が高くなるにつれて水中の酸素量が減少しますから、高水温で飼育されている熱帯魚は、十分にエアーレーションを行ってあげる必要があります。

魚は酸素が不足してくると、水面に浮かんでパクパクと空気中の酸素を直接とろうとします。このような状態を鼻上げと云いますが、このようなときには、早めに水かえを行い、酸素を補給して下さい。原因は、魚の過密、エアーレーションの不足、フィルターの目づまり、水の汚れなどです。

酸素不足(鼻上げ)
image
All Brands