お役立ち情報のヘッダー画像

お役立ち情報

犬の基礎知識

食事の選び方

年齢別のフードはたくさんあるけど...正しく選ぶには?

ライフステージ(成長段階)

inu_3.jpg

子犬、成犬、シニア犬とライフステージ(成長段階)によって必要とする栄養素が異なります。
それぞれのライフステージに合わせて、フードの種類や量を考えてあげましょう。

ライフステージの区分

◆哺乳期(授乳期):生後30日頃まで

母乳または代用乳(犬用ミルク)を与えましょう。

◆離乳期:生後20~60日頃まで

離乳食または子犬用ドライフードをお湯やミルクでふやかして与えましょう。

◆成長期:1歳頃まで(大型犬では1歳6ヶ月、超小型犬では10ヶ月齢)

子犬用(成長期犬用)フードを与えましょう。

◆成犬期:1~7歳頃

成犬用フードを与えましょう。

◆シニア(高齢)期:約7~10歳以降(個体差あり)

基礎代謝や消化力が落ちてくる時期。シニア用フードは脂肪が少なめで胃腸の負担を減らしたものや、ビタミンEやグルコサミンなどが配合されたものもあります。

1歳を過ぎても子犬用フードを食べさせても大丈夫?

子犬用フードはぐんぐん成長する子犬のために高栄養になっています。からだの成長が落ち着いても食べさせ続けていると、肥満になってしまう可能性も。1歳を過ぎたら成犬用フードに切り替えましょう。

All Brands