お役立ち情報のヘッダー画像

お役立ち情報

お役立ち情報
犬の基礎知識

目の病気

目やにが出る

inu_1213_01_01.jpg

角膜炎・角膜潰瘍(かくまくえん・かくまくかいよう)

角膜炎とは目の表面である角膜が炎症を起こしている状態で、進行すると角膜の一部がなくなり角膜潰瘍となります。細菌・ウイルス感染、外傷などが原因となります。目に痛みを感じて涙の量が増え、目やにが多くみられます。また、角膜に血管ができる(角膜パンヌス)が起こることもあります。

乾性角結膜炎(かんせいかくけつまくえん)

眼球の表面を潤して保護してくれる涙の量が少なくなり、角膜と結膜(白目の部分)が炎症を起こしている状態です。涙を分泌する涙腺が生まれつきない場合や、ウイルス感染などにより発症します。目やにが多量になり、眼球に付着していることもあります。

目が白い

白内障(はくないしょう)

目のレンズである水晶体が白く濁っている状態です。先天性(遺伝性)と後天性(老齢性、糖尿病性、外傷性など)の様々な原因により発症します。水晶体の濁りによって物が見えづらくなるので、壁や物などにぶつかりやすくなります。

目が大きい

緑内障(りょくないしょう)

房水(眼球内を満たす液体)がうまく排出されずに異常に貯留することで、眼圧が高くなり視神経が圧迫される状態です。目が大きく飛び出したように見えることもあります。目に激痛をともなうため、目の周辺を触られるのを嫌がります。放置すると失明しますので、早急な治療が必要です。

inu_1213_01_02.jpg
All Brands