お役立ち情報のヘッダー画像

お役立ち情報

犬の基礎知識

暮らしの話

災害時、ペットを守るためには?

inu_16.jpg

大切なペットを災害時に守るためには、日頃からの心構えと万全の備えが必要です。災害発生時には第一に飼い主さん自身の安全を確保することが重要です。飼い主さんが無事でなければ、身近にいるペットは守れません。

生活環境の見直し

普段よく過ごしている場所に、家具などが倒れてこないか、上から物が落ちてこないか確認しましょう。外で飼育している場合は、地震で崩れやすいブロックや窓の下などは避けましょう。お留守番中に、災害が発生することも想定してしっかり確認しておきましょう。

首輪・鑑札・マイクロチップの装着

地震などの災害に驚いてパニックとなり、逃げ出してしまう場合があります。
首輪をしていると、とっさの時に愛犬を捕まえやすくなります。
自治体に登録した時に受け取る「鑑札」は、番号から犬の個体識別をすることができます。
「狂犬病予防注射接種済票」とともに常に装着しておきましょう。
行政機関などで保護された犬は、専用のリーダーでまずマイクロチップを装着しているか調べます。避難中に首輪や鑑札が外れてしまった時でも、体内にマイクロチップを装着していれば飼い主情報がすぐにわかります。装着は動物病院で行いますので、かかりつけの動物病院で相談してみましょう。

非常用の備蓄グッズを用意

●最低でも1週間分のフードと水、携帯用の食器

災害の規模によっては1週間以上支援物資が届かない地域が出る可能性もあるので、多めに備蓄しておくとより安心です。特に、支援物資のフードには特別療法食がないことがほとんどです。持病がある場合には、必ず多めに用意しておきましょう。

●予備の首輪とリード

●クレート(キャリーバッグ)、クレートを覆うための布や新聞紙

●トイレシーツ

●持病の薬、診察券

●その他

愛犬の写真:迷子になった時の捜索のために、特徴がよくわかる写真を持ち歩くか、携帯電話で撮影して保存しておきましょう。

犬用の洋服:周囲の方への配慮としての抜け毛対策に役立つことがあります。

おやつ:緊張と慣れない環境で食欲が落ちた場合、食欲が戻るきっかけになることも。

避難訓練

最寄の避難所の確認、家族の集合場所、ペットを誰がどのように連れ出すかなど、事前に家族で話し合いましょう。さらに実際に訓練しておくと、いざという時に落ち着いて行動ができます。家族が慌てているとペットも不安になるためパニックに陥りやすく、思わぬ行動をとってしまいます。

キャリーバック・クレートに慣れさせておく

避難先の慣れない環境の中でも、「いつもの安心できる場所」を用意してあげられると、ストレスの軽減になります。

社会性を身につけておく

避難所等で見知らぬ人や動物に囲まれてもストレスとならないように、小さい頃からいろいろな人と触れ合っておきましょう。もし迷子になってしまっても、人に慣れていれば救出されやすくなり再会できる可能性も増します。

All Brands