お役立ち情報のヘッダー画像

お役立ち情報

犬の基礎知識

知っておきたい基本の話

ワクチンの種類と接種の時期

予防接種のススメ 
~大切な家族を感染症から守りましょう~

inu_a_08.jpg

犬も人間と同じように感染症になる事があり、症状の出にくいものから愛犬を苦しめたり死に至らしめてしまうものまで、さまざまな種類の感染症が存在します。
感染の恐れがあり特に気を付けたい感染症については予防ワクチンが開発されていますので、可能な限り予防接種を受けさせてあげるようにしましょう。
「不潔な環境ではないから大丈夫」、「周りが皆接種しているから大丈夫」などと思い込んで接種しないでいると、愛犬がキャリアーとなって周囲に迷惑をかけてしまう可能性もありますので、同じ地域にお住まいの飼い主さん全員で協力し感染症の侵入・拡大を防いでいく、という気持ちが大切です。

ワクチンって必ず接種しないといけないの?

犬のワクチンにはその接種が法律により義務付けられているものと義務付けられていないものがあります。

<接種義務があるもの>

狂犬病予防法により、狂犬病のみ年1回の接種が義務付けられています。時期は特定されていませんが、子犬を飼い始めてから年1回の頻度で、動物病院にて、または自治体主催の集合注射(主に4月に行われる)に参加して接種して貰いましょう。

<接種義務がないもの>

ワクチンには、単体ワクチンと、複数種類をミックスさせた混合ワクチンがあり、動物病院でのみ接種可能です。
犬ジステンパーウイルス、犬パルボウイルス、犬伝染性肝炎、犬アデノウイルス2型、犬パラインフルエンザウイルス、犬コロナウイルス、犬レプトスピラ等に対するワクチンには接種の義務はありません。
しかしながら、特に犬ジステンパーウイルス、犬パルボウイルス、犬伝染性肝炎は重篤な事態になる感染症として、その予防接種が強く推奨されています(コアワクチン)。その他の感染症についても、リスクの高さや地域性などにより推奨される場合がありますので、子犬やワクチン接種履歴が不明な犬を飼い始めた場合は、ワクチンの種類や接種時期・頻度などを獣医さんに相談した上で、可能な限り接種させるよう心がけましょう。

そもそも、「ワクチン」とは?

犬の体=「自分の国」、病原体=「敵国」とすると、ワクチンは敵国の軍備情報に値します。犬はもともと外部からのさまざまな侵入者に対抗すべく一般的な武器〈抗体〉を備えてはいますが、全ての敵国の軍隊に打ち勝つには限界があります。そこで考え出されたのが、侵略される可能性がある敵国〈病原体〉の軍備情報〈ワクチン〉を事前に自国〈体内〉に取り込んでおき、敵国の軍備に打ち勝つ武器〈病原体に特異的な抗体〉を量産できる体制を整えておこう、という作戦です。
ワクチン接種とはつまり、感染予防しておきたい病原体を一度わざと体内に取り込ませるという事になりますが、ワクチン自体による感染が起こらないよう、全てのワクチンは弱毒化などの処理が施されています。
ワクチン接種による感染症予防効果は、犬の免疫能力、接種時期、接種頻度などに大きく左右されます。またワクチン製剤自体が犬の体質に合わずショック症状を示してしまう場合もありますので、獣医さんとしっかりと相談をした上で適切な時期に接種するよう心がけましょう。

All Brands