お役立ち情報のヘッダー画像

お役立ち情報

お役立ち情報
猫の基礎知識

耳の病気

耳が赤い、臭う

neko_1213_02_01.jpg

外耳炎(がいじえん)

鼓膜から耳介(耳たぶ)までを外耳と言いますが、ここが細菌、真菌、耳ダニによる感染などによって炎症を起こしている状態です。綿棒による耳掃除で外耳道(耳の穴)を傷つけたり、水が入った場合には注意が必要です。耳が真っ赤になりかゆいため、耳をかいたり、頭を振ったりします。また、耳から悪臭がすることもあります。垂れ耳の犬では特に注意しましょう。

耳たぶがふくらんでいる

耳血腫(じけっしゅ)

耳介(耳たぶ)の皮膚と軟骨の間で内出血を起こしている状態です。外耳炎などでかゆみがある場合、頭を激しく振って耳をぶつけたり、耳をかく刺激で起こります。耳介に液体が溜まったようなふくらみがみられます。痛みや違和感で頭を振ったり、耳をかいたりします。

All Brands