お役立ち情報のヘッダー画像

お役立ち情報

お役立ち情報
猫の基礎知識

胸部の病気

呼吸がおかしい

neko_1213_06_01.jpg

軟口蓋過長(なんこうがいかちょう)

ペルシャ、ヒマラヤンなどの短頭種に多く発生する先天性の病気です。軟口蓋が長すぎるため喉の部分で空気の通り道である気道を塞いでしまい、慢性的な呼吸困難を起こしてしまう病気です。

neko_1213_06_02.jpg

肺炎(はいえん)

ウイルス、細菌、真菌、寄生虫、刺激物、有害物質などの吸引により肺の中で炎症が起こる病気です。いつもと違う呼吸をするようになり、運動を嫌って元気がなくなります。他の病気を併発している場合や高齢猫では、死に至る事もあります。

肺腫瘍(はいしゅよう)

肺の細胞が腫瘍化し呼吸困難、咳、血を吐く、疲れやすい、食欲不振などの症状がみられる病気です。肺に突然腫瘍が出来る事は少なく、ほとんどの場合、肺以外の臓器に発生した腫瘍が転移することによって肺腫瘍になると言われています。

All Brands