お役立ち情報のヘッダー画像

お役立ち情報

お役立ち情報
猫の基礎知識

全身の病気

皮膚病かも

neko_1213_13_01.jpg

ざ瘡(ざそう)(ニキビ)

おもに猫の下あごが黒ずんでくることがあります。これは皮脂の分泌過剰やグルーミング不足、ストレスなどにより起こり、細菌感染すると下あご全体の腫れや発疹がみられます。

皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)

「猫カビ」とも呼ばれる皮膚糸状菌症は、真菌(カビ)の一種である皮膚糸状菌が被毛や皮膚に寄生する病気で、赤い湿疹や脱毛などがみられます。他の猫や人にも感染し、かゆみ・湿疹などを引き起こしますので、複数飼育の場合は特に注意が必要です。

乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)

乳頭に沿って胸からお腹にかけてある乳腺に腫瘍(しこり)が出来る病気です。猫では悪性(ガン)であることが多く、全身(肺)に転移すると命にかかわります。避妊手術を受けていない中高齢のメスでかかりやすく、最初の発情前に避妊手術をすると予防できると言われています。

アレルギー性皮膚炎(あれるぎーせいひふえん)

ノミやダニ、食べ物など何らかの物質に反応したアレルギー症状が皮膚にあらわれる病気です。皮膚が赤く炎症を起こし、かゆさのあまり舐めたり、引っ掻いてしまいどんどん悪化することも多いです。アレルギーを起こしている原因を特定するのは難しく、動物病院での検査や診断が必要です。

●アトピーとは?

遺伝的に皮膚が敏感で、何らかの刺激に反応して皮膚などに症状が出てしまう体質のこと。
強いかゆみが出るので、自分でからだを舐めて脱毛してしまったり、顔や耳を足で引っかいて傷つけてしまうことがあります。

●食物アレルギーとは?

ある特定の食べ物が刺激となり、皮膚炎、腸炎など様々なアレルギー症状を起こすことがあります。皮膚にあらわれる症状では、目や口のまわり、耳、背中、足の先といった部分が赤くなり、かゆみを起こします。猫では牛肉、乳製品、小麦、鶏卵などの報告例が多いと言われていますが、原因を特定するには動物病院での検査や診断が必要です。

All Brands