お役立ち情報のヘッダー画像

お役立ち情報

お役立ち情報
猫の基礎知識

全身の病気

食べない日が続くとどうなるの?

neko_1213_13_01.jpg

肝リピドーシス(かんりぴどーしす)

フードを食べない状態が長く続くと、肝臓に脂肪が過剰に蓄積した「肝リピドーシス」という状態になり体重減少、下痢・嘔吐などの消化器症状、黄疸などの症状がみられます。特に肥満猫でなりやすく、数日間の絶食または食欲低下、過度なダイエットなどは注意が必要です。

食べてるのに痩せていく

甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)

喉付近にある甲状腺からは体温を一定に保ち、新陳代謝を促進するホルモンが分泌されています。これが活発になることによって、"食欲が増加したにもかかわらず痩せている"、"落ち着きがなく興奮している"など様々な徴候がみられます。中~高齢猫に多くみられますが、心臓の負担が増すことで命にかかわることもありますので注意が必要です。

All Brands