お役立ち情報のヘッダー画像

お役立ち情報

猫の基礎知識

しつけの話

トイレ以外の場所でオシッコをしてしまう!

neko_18.jpg

猫に関するお悩みの中で、マーキングやトイレ以外の場所での排泄(粗相)はとても多いものです。
マーキングはテリトリー意識、不安・ストレスまたは発情周期に伴ってみられる本能的な行動なのでしつけで改善するのは難しいのですが、去勢手術(オス猫の場合)やストレス除去により緩和することもあります。
トイレ以外の場所で排泄してしまう場合、もしかするとトイレに問題があるかもしれません。まずは、愛猫が落ち着いて排泄できるトイレかどうかチェックしてみましょう!

トイレの数は「猫の頭数+1個以上」用意しましょう。

猫はキレイ好きなので、排泄物やそのニオイが残ったトイレは嫌がり、他の場所でしてしまいます。トイレはこまめに掃除し、週一回はトイレ砂を全て交換しましょう。
また、ウンチとおしっこを別のトイレでする猫もいますので、トイレは多めに用意しておくとよいでしょう。
さらに多頭飼育の場合、相性の悪い猫に行く手を阻まれてトイレを我慢してしまう...なんてことを防ぐこともできます。

トイレの大きさは「猫の体長の1.5倍

猫は本来広い場所で排泄する動物なので、小さすぎるとからだがはみ出して失敗の原因に。

トイレの場所

普段の生活している場から離れた薄暗い玄関や廊下、洗濯機の脇など落ち着かない場所は避けましょう。寝る場所からは離れた場所の方が、よいでしょう。

トイレの砂

細かい粒の砂のほうが排泄する体勢でも安定するため、好む猫が多いようです。
また砂の深さは2~3cmほどが目安です。

トイレの形

ドーム型の屋根が付いているものは中にニオイがこもるので嫌がる猫もいます。風通しのよい清潔なトイレを用意してあげましょう

※膀胱炎や腎不全などの病気により排泄の回数やオシッコの量が増えている場合もあります。
猫はオシッコに関する病気が多い動物なので、日頃からトイレをチェックする習慣は大切なことです。

All Brands