お役立ち情報のヘッダー画像

お役立ち情報

猫の基礎知識

ミルクの作り方

ミオ 子猫のミルク編

生後20日前後までの元気な子猫を育てるミルクの作り方と与え方

◆用意する物

ミオ 子猫のミルク

●スプーンとすり切り棒 (ミオ 子猫のミルクに添付してあるもの)

ミオ 子猫用哺乳器 (熱湯で消毒するなどした清潔なもの)

●50~70℃くらいのお湯 (一度沸騰させてから温度の調整をしてください。)

◆作り方

  1. 1回の給与量分の粉ミルクを、スプーンとすり切り棒を用いて量り取ります。
  2. 粉を哺乳器に入れ、同じスプーンで1.5倍量のお湯を入れます。
  3. 哺乳器の蓋をきちんと閉め、シェイクするように上下に強く振って溶かします。

*お湯を使用しますので、やけどをしないように十分注意してください。

*ミルクは作り置きが出来ないので、その都度つくるようにし、余った場合でも使用しないでください。

ご注意

ミルクの缶に表示されている給与量表示は、1日分の給与量です。したがって、1回の給与量は、これを当該回数に分けた量になります。なお、添付のスプーンは1杯あたり、粉ミルクが5g、お湯が18cc入るようになっています。

★例 生後4日の子猫の場合

缶に表示されている給与量表から、1日の給与量は粉ミルク1杯、給与回数は8回です。添付のスプーンで粉ミルク1杯(5g)に、添付のスプーンでお湯1.5杯(27cc)を混ぜた物が1日の給与量になります。1日8回に分けて与える場合には、これを8等分すると1回の給与量になります。 1回の量は、1度スプーンで量ったミルクを皿の上などに出し、平らにならした状態をすり切り棒などを用い8等分にしてください。お湯の量はcc(ml)で換算し、それを8等分した量の約3.5cc(ml)になります。基本的には、同じ容積のスプーン等で「粉ミルク:お湯=1:1.5」の割合で溶かして頂ければ、調度良い濃度になります。したがって、ご自宅にある計量スプーン等でミルクを作る事も可能です。その際、1日の総給与量が、缶に表示されている給与量よりも下回らないように気をつけてください。給与量が少ないと、栄養失調になるおそれがあります。なお、基本的には成長期なので、自律授乳方式で飲みたがるだけ与えてしまっても大丈夫です。

◆与え方

「作り方」の方法で溶かしたミルクを、人肌よりも少し温かめ(40℃前後)まで冷まして、子猫に給与します。ミルクの温度が低すぎると、体温が低下してしまうので、下痢や体調不良の原因となります。逆に、熱すぎるとやけどの原因になりますので、注意してください。

哺乳器は、あらかじめ、乳首の先を十字にカットしておきます。ハサミの先ではなく、ハサミの根本の刃を使い、少しずつ切って行くと切り過ぎを防止出来ます。クロスカットの大きさは、成長に応じて調節してください。

哺乳器の蓋を、乳首に付け替えます。仰向けで飲ませたり、無理に飲ませたりすると気管に入る恐れがありますので、子猫を腹ばいにし、首を少し持ち上げるように、やや斜め上から乳首を口にあてがい、ゆっくりと飲ませてください。

◆食事量について

1頭当たりの1日分授乳量です。スプーン杯は添付のスプーンを使用した場合の杯数です。

日令→ 1~4 日 5~11 日 12~17 日 18~24 日 25~30 日
標準体重→ 95 g 160 g 240 g 325 g 415 g
スプーン杯
g / cc
ミルク 温湯 ミルク 温湯 ミルク 温湯 ミルク 温湯 ミルク 温湯
1杯
5 g
1.5杯
27cc
2杯
7.5 g
3杯
45cc
3杯
10 g
4.5杯
54cc
3.5杯
15 g
5.5杯
81cc
5杯
17.5 g
7.5杯
99cc
1日の授乳回数
(上記の量を分けて与えてください)
8回 6回 6回 4回 4回

◆成猫への与え方

●成猫の水分補給に

●産前産後の母猫の栄養補給に

●いつものフードにふりかけて

<作り方>

※添付のスプーンで計量したミルクを適量の温湯で溶いてください。

※愛猫の状態に合わせて、与える量や回数を調節してください。

●一度にたくさん与えすぎると便がゆるくなることがあります。
体重1kg当たり8g(粉の重量で)を上限としてお与えください。
(個体差があります)

●一般的なフードよりもカロリーが高めですので、カロリーオーバーにならないよう、フードの量を調節してください。
お好みの濃度にうすめて与えてもよいでしょう。粉の状態で、添付のスプーン1杯(5g)当たりの代謝エネルギーは24.5kcalです。

All Brands