会社案内のヘッダー画像

会社案内

会社案内
静岡工場のヘッダータイトル画像

高い品質を支える静岡工場

静岡工場は1972年に静岡県磐田郡浅羽町(現 静岡県袋井市)に建設されました。さらに1983年、1991年と2度に亘る増設工事を行い、最新鋭のペットフード専用工場として当社の主力商品を製造し、国内最大の規模と生産量、並びに万全の品質管理体制を誇る工場となりました。

当工場では、国内最大のペットフード専用クッキングマシーンを含む多くの製造ラインや様々な商品に対応する自動包装ラインを備え、刻々と変化する市場のニーズに応えると同時に、常に高品質の商品を供給しています。

安心・安全への取組み

食品安全マネジメントシステム

食品安全方針
  • ペットの健康な食生活に役立ち、安全で安心な製品を提供します。
  • 食品安全関連法令及び規制はもちろんのこと、お客様と約束した食品安全に関する要求事項を遵守します。
  • 期初に食品安全目標を設定し、定期的に見直し、食品安全マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
  • この食品安全方針をすべての従業員に周知するとともに教育活動を通じて、高い食品安全意識を持つ人材を育成します。

2019年6月1日

日本ペットフード株式会社

代表取締役社長執行役員

片山 俊次

ISO22000

お客様の安全に関する関心・ニーズの高まりを受け、国際規格に裏付けされた安心・安全な商品をお届けしてまいります。
(ISO22000は、HACCPの衛生管理手法を含む国際規格です)

環境への取り組み

環境マネジメントシステム

環境方針
<基本理念>

日本ペットフード株式会社 静岡工場・研究所は、地球環境の保全が人類共通のテーマであることを認識し、自然環境の保全につとめ、環境に配慮したよりよい企業活動を行います。

<基本方針>

当工場・研究所は人々の生活に憩いと潤いを与える犬、猫、観賞魚などのペットフードを開発・製造していることを踏まえ、環境に配慮した製品製造、環境関連法令の遵守、廃棄物の再資源化、省エネルギーを推進すると共に地域の環境活動への積極的参加、環境汚染を予防し、環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。

日本ペットフード株式会社

静岡工場 工場長 壁谷裕充

日本ペットフードのブランド